<   2010年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

IKEAにて重要課題の検討:キッチン&クローゼット

雨が降る中、朝からIKEAに出発!
a0160166_1852565.jpg













開店後30分の時点で既に駐車場は車がいっぱい、
人もいっぱいでした。

昨年末にも行きましたが、その後2度建築家さんとの打合せを経た
我々は具体的なイメージを持って店内をうろうろ。
本日一番の目当てはキッチン。
キッチンをどうするか?が、1階のレイアウトや作り全てに影響するのです。

IKEAのキッチンは、いったん何パターンあるの?という程、
自分の好きなようにオーダーができます。
かつ、システムキッチンとしては比較的価格が安いのが魅力。

セットアップしてあるものもあるし、
a0160166_18254553.jpg













イチから組み立てることもできます。
a0160166_1831285.jpga0160166_1831484.jpga0160166_1832678.jpg






色々なモデルが展示してあるため、自分の計画に照らし合わせて
イメージしやすいのがとてもありがたい。
商品実物をたくさん見たおかげで新しくひらめいたこともありました。

一角には積み木が置いてあり、プランのミニチュアを作ることができます。
楽しかった!
a0160166_18361533.jpg
ちょっと寸法は
違うけど、
こんな感じ?

ちなみに奥側が
リビング、
向かって左側が
ダイニング
になる予定。




そして、もう一つの重要課題がクローゼット。
計画では、2階に2.7畳前後のウォークインクローゼットを作る予定。
が、夫婦2人ともクローゼットを使って生活した事が無いのです。
現アパートは押し入れだし。

売り場にはすーっきりとしたモデルが置いてあります。
a0160166_18453959.jpg

洋服も白シャツ&チノパンで、
余計美しい収納に見えます。
非現実的ですが、夢は広がっちゃう
演出がニクい。












こちらも具体的なイメージをしやすい工夫が色々としてあり、
実際はどうなるのか?を想像しながら商品を見ることができます。
a0160166_18515895.jpg













色々なものを真剣に見て考え、しかも人が多く(元気炸裂中の子供も
ものすごく多く)、ちょいと体力を消耗しました。。

特にクローゼット内部はまだ殆ど考えていないため、家づくり期間中、
あと2-3度はIKEAに勉強に行くことになりそうです。

ランキング参加中です♬
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-28 19:01 | 住宅全般

ヤマギワリビナ詣で

新宿のOZONE同様、家づくりの間、一度は詣でないと、な場所と思われた
ヤマギワリビナに行ってきました。
a0160166_2324882.jpg

















上から下まで、美しいデザインの家具や家電でいっぱい。
目の保養になりましたー。楽しかった!

特に夫はこのソファーに注目。




美しいな、と思ったら、パトリシア・
ウルキオラのものではないですか!
ひゃ、ひゃくはちまんえん。。
Morosoというブランドでした。






サイドがちょっと長くなっているこの作り。
すみっこ感もあり、こういうところが居心地良いんですよね。
間違い無くお昼寝突入ゾーンになりそう。

高価なものが多いのでそうそうお買い物する用事はないですが、
これからも時々見物に行っちゃおーと思います。

ランキング参加中です♬
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ

[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-27 23:48 | 住宅全般

こんなお家も好き。:Caetano, Moreno e o samba から

ringo-kamakura(特に妻)が敬愛するブラジル人アーティスト、
Caetano Veloso
彼が、息子のMoreno Velosoとブラジル国内の地域によるサンバの違い
についておしゃべりするビデオ。
これに出てくる家がなかなか素敵。
(注:サンバのステップを踏む、毛もじゃもじゃのおじさん足映像多)



白い壁、明るい色の床。
壁面収納もたっぷり、しかもなぜかかっこいいなー。
天井は結構低そう。平屋なのかな。
家具や扉が白いから、物は多いけどごちゃごちゃには見えません。
というか、豪邸ですね、このお家。
海外のインテリア雑誌に出てきそうでもあります。

ランキング参加中です♬
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-26 12:17 | インテリア・デザイン・アート

空気がお手本!:修善寺「あさば」

ショップ、ホテル、レストラン等…、お手本にしたい!憧れ!と
思うスペースが色々とあります。

我々にとって、その一つが修善寺の旅館「あさば」です。
雑誌で知り、結婚式を挙げた場所でもあります。

表通りから一本入った通り、門をくぐって入口を入ると広がるあさばの空間。
a0160166_11451185.jpg













池の水と緑、日光が目に入るだけで絶対ここはいい!!と
確信してしまいました。
日当たり・風通しの良さ、オープンで、控えめで、敏感で...
空間や家具、季節のお花や飾り、ただずまいが大好きです。
旅館としてのおもてなしも素晴らしく、我々の結婚式も
とてもあたたかく、素敵なものになりました。
a0160166_1144438.jpg











お料理もおいしかったー。思い出すだけでヨダレが...

お部屋は15室程で、なかには洋室も少し。
見学と称して全部屋を見ることができたのはとても楽しかったし、
今の家づくりにとても活きています。

すっきりとした和の中に、機能的で美しい洋のものをさりげなーく、
両方の要素がより引き立つように配する感覚。
実はYチェアも至るところに。
a0160166_11474529.jpg













そして、何よりもお手本にしたいのがあのすっきりとした澄んだ空気。
広くとってあるガラスが、本当にクリアなのです。緑や光がきれいに届く。
「清潔感」(どころか、清潔そのものでした)が、居心地の良さの
重要要素だったことを改めて強く意識しました。

妹は、旅館の方が枠を外してガラスを拭いているのを目撃したそう。
ぎゃぎゃ!そこまでしていたのか!!
あの空気は、センス+工夫+努力と勤勉の賜物なのだなあ、と思います。

ランキング参加中です♬
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-26 11:53 | インテリア・デザイン・アート

木の家?

今更なんですが、ブログタイトルにもなっている「木の家」。
我々夫婦は、別に「古民家」好きでも、「ログハウス」好きでも、
「純和風」好きでも、何でもありません。

家づくりをイメージしたとき、
シンプル、すっきりした、美しい、心地よい、自然体で過ごせる、
そんなキーワードが浮かびました。
色で言えば、白、紺、ベージュ、アイボリーなど。

2人の好みの傾向は基本、似ています。

そんな、超〜漠然としたイメージで雑誌やネットを見ている中で、
「こんな感じ、いいよねー」と2人の意見が一致するのは、
かなりの高い確率で、無垢の木を始めとする自然素材を
床・壁・天井・外壁などに用いている家でした。

建築家を探す段においても、白一色に彩られた目に眩しい家や、
コンクリート剥き出しの無機質な家などは苦手な我々。
そのような前衛的な家づくりをされる建築家よりも、
木や土壁などの素材感を楽しめる、落ち着きのある家づくりを
されている建築家を選んでいました。

決して「和風」にとらわれているわけではなく、自然素材の持つすっきりとした
温かみが好きなんでしょうね。

結果として、そういう素材を使った家に住みたいと思ったのです。

床や天井にはどんな木を使うのか、壁は珪藻土や漆喰で作れるのか・・・
などなど、設備選びとはまた違った楽しみが待ち受けています。。


  ランキング参加中です♬
     ↓  ↓  ↓
  人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-26 01:18 | 住宅全般

本:石黒智子「わたしの台所のつくり方」 

石黒智子さん。写真で見ると、いわゆる普通の感じなおばさま(失礼)。a0160166_031623.jpg

でも、家事、特に台所まわりに関する視点・指摘は
とても鋭く真剣。
最近まで余り知らなかったのですが、とても有名な方
らしい。主婦として料理や子ども服のデザインなどの
様々なコンクールに入賞し、暮らしについての執筆や
商品開発をしていらっしゃるとか。

雑誌に取り上げられているのを何度か見て、彼女の考えには、自分もそう思ってた!と感じることが
たくさんあり、なんだか嬉しく思っていました。
(ちなみにクイズ番組では、回答と、その回答に至る思考が
かなりの確率で劇団ひとりと一致するringo-kamakura。)

お砂糖等を入れておく容器、よくあるプラスチックのは、親指でポンと
開けられて開閉は便利だけど、密閉されないから砂糖は固まるし
塩は湿気を吸う。かといって、ステンレス製のに塩を入れたら錆びる。
そうそう!
なのに、お店で探そうとするとなかなか希望条件を満たすのが無いの!  等々。

雑誌で紹介される白と透明なガラスとステンレスを中心にまとめられた
キッチンの様子、変なスウィートさが混ざらないセンスも好きでした。

そして、この本。『わたしの台所のつくり方』。
a0160166_23421341.jpg













1984年に作った、石黒さんの知恵と工夫が詰まったキッチンを
2007年に紹介した本です。
23年間の生活の変化への対応も記されていてますますありがたい。

暮らしの変化を柔軟に受け止める必要がある台所。
彼女の結論は、
・最初は必要最低限のものにして必要なものはその都度足す
・そういう時に既製品をうまく使えるように、各部の寸法は
 できるだけスタンダードサイズにする
ということでした。

この他にも、自分以外にも台所を使ってもらいやすくするため
カウンターの高さは90cmにする
 ↓
・浅い鍋を使う
・鍋やザルは取手が水平なものを選ぶ
・まな板も薄くする    ことや、

少ないもので暮らすために
 ↓
・蓋付の容器を選ぶのではなく、サイズの違う耐熱ガラスの蓋を買い、
 お皿やグラスをそのまま調理器や保存容器として使う
・食器や道具も柔軟に使い回す、使い回せるものを選ぶ  こと等。

全体を見た視点とこだわり、工夫がたくさん。

いやー勉強になりました。石黒さん、偉大な先輩と呼ばせて頂きたい。
他の本も読んでみたいな。

美しさと機能は誰かが簡単に作ってくれるものではないようなので、
こだわりながら、楽しみながら進化していきたいなーと思いました。
 
↓ランキング参加中です☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-25 00:06 | キッチン

Casa BRUTUS 達人の収納術!

遅ればせながら、というのも妙なのですが。
立ち読みをしました。Casa BRUTUS120号「達人の収納術!」。

a0160166_23103732.jpg









さすがCasa BRUTUSというのか、コルビジェや、中村好文さんといった
建築家をはじめとし、クリエイターの方々の収納術の紹介が中心。
やはり他の雑誌の収納特集とは違う。
道具、本、それに加えて結構な力点を置いてお皿の収納方法が
紹介されています。

が、正直、ringo-kamakuraには余り参考にはならず。。

我々、クリエイターさんのような道具の量は無いし。
本は厳選したものを手元に残すポリシーで、他はリサイクル&図書館活用派。
お皿の収納方法は最も関心がありましたが、なんだか好みが違う感じ。
特に、数例が紹介されていた大皿を立てて収納するという方法。
以前試したことはありますが、引き出すのが重かったし。。

収納してある物の美しいナンバリング等はさすがにキレイ、と感じる点は
ありましたが、ringo-kamakura的には、同じマガジンハウスでも、
実用的な収納特集という意味ではやはりクロワッサンに軍配!と思いました。

立ち読みのくせに、とっても偉そうで恐縮ですが。。

  ↓ランキング参加中です♬↓
  人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-22 23:35 | 住宅全般

Viva! 冬の鎌倉。

冬晴れの本日。
a0160166_1154498.jpg


由比ケ浜の海もまぶしく輝いていました。









波はフラットで、サーファーは少なかった。
澄んだ空気の中お散歩すると、実は梅の香りも濃ゆく漂っていることに
気づきます。
a0160166_1224129.jpg













お天気が良かったので、人混みも結構激しかった
この週末の鎌倉ですが、2月下旬、だんだん本格的な
春に近づいていることを感じることができました。

東京・横浜からは割と距離が近いことに対し、
意外にも”田舎”と感じることの多い鎌倉。
特に冬は夜空がきれいで驚きます。(ちなみに夏は虫の多さに怯えます)
星がたくさん!と、毎日帰宅して星空を仰ぎ、冷たく明るい
月の光に気づく、そんな生活。
気に入っております。
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-22 01:34 | 日々のこと・鎌倉ばなし

椅子はこんなんで、どーでしょう。

以前の記事でお気に入りの照明について少し触れましたが、
今日は椅子について少しばかり。
北欧デザインが好きな我々、椅子にも当然その傾向があらわれます。

まず、妻の夢はこの椅子をいつか手に入れること。
a0160166_2142164.jpg













そう、エッグチェアです。
この椅子のデザイナーであるアルネ・ヤコブセンが、
自らが設計した『Radisson Blu Royal Hotel, Copenhagen』
(旧名:Radisson SAS Royal Hotel)
のために製作したもの。
上の写真は、昨年9月に北欧へ旅行に行った際、そのSAS Royal Hotelで
撮影したものです。
革張りなら1脚100万円を超すエッグチェアがロビーチェアだなんて贅沢〜!

a0160166_21424838.jpg
他にも、スワンチェアやらセブンチェアやら、憧れの椅子がわんさか・・・
いやービビります。。









一方、夫はこの椅子をダイニングに置こうと画策中。。

a0160166_1925238.jpg

ご存知、ハンス・J・ウェグナー
『Y Chair』

定番ですが、絶妙なデザインと雰囲気を持つ、憧れの椅子です。。

どちらの椅子も購入は大分先になるかもしれませんが、
いつかは手に入れたい「逸品」です。
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-21 19:23 | リビング

あやしいお客ですみませんでした。

既に建築家さんとの家づくり計画推進中の我々ですが、
ちょっと参考情報は無いかな?と横浜駅からバスに乗って
tvkハウジングプラザ横浜へ行ってきました。
ダイワハウスの近藤典子さんとのコラボレーションも見たかったので。
a0160166_0344646.jpga0160166_035471.jpg


























改めて、大きなサイズのお家が多く、2世帯住宅が殆ど。
余り我々の参考にはならない。。

そして、気になっていたダイワハウスの収納「しまいごこち」
確かに、これは使いやすそう。
他の事には大した質問はしないのに、突然詳細寸法を尋ねたりしてしまいました。
随分ムラのあるあやしいお客だ、と思われたことでしょう。

近藤さんお勧めのダボレール、やっぱり便利そうです。
web検索をしてみると手作りをしている方も多いようで、
コストの点からも我々も後に続くかも、と思っています。

この他、名前だけは知っていたスウェーデンハウス等にもお邪魔してみました。
3重ガラスの窓のお家は、暖房を入れていないのにぽかぽかなのにびっくり!
夏は暑そうかも、とも思いましたが。

各ハウスメーカーの方達には、自分達の計画や希望について
曖昧な受け答えしかしないあやしいお客だったと思いますが、
いろいろなハウスメーカーのセールスポイントを見ると
新しいことにも目が行くようになるのがありがたいです。
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-20 23:55 | 住宅全般

30代夫婦の建築家との家づくり+地元民の鎌倉日記。2011年夏竣工!新生活、お家の暮らし心地は新ブログ "today is beautiful." (↓リンクは下部)にて綴っています。


by ringo-kamakura

プロフィールを見る

新ブログではお家の実際の暮らし心地を綴っています。
 "today is beautiful."
================
< wish list >
北欧生まれのお皿や布...大好きです。



日本のあれこれも...大好きです。


カテゴリ

全体
リビング
キッチン
和室
バス・トイレ
玄関・デッキ
収納
土地
お金
日々のこと・鎌倉ばなし
建築家
住宅全般
インテリア・デザイン・アート


音楽
工事現場
未分類

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル