住宅ローン その参

これまでの経緯は前々回、そして前回お話ししたとおりです。

当初は自分達で全ての手続きをするつもりで、休日に銀行のローンセンターを
訪問したりもしましたが、仕事等で平日の休みを取りにくいこともあり、
最終的な申し込み段階では土地を購入した不動産屋に手続き等の仲介を
頼むこととしました。

まず、rin-kama家では、3つの銀行に仮審査を申し込みました。
具体的に言うと、みずほ・りそな・中央ろうきんです。

結果、3行とも仮審査は通りました。

第一の選択。
大手都銀のみずほとりそな、まずはこの2行を1行に絞り込む事から始めました。
融資条件に大きな差はなかったのですが、
鎌倉駅前にりそな銀行の支店がないこと(みずほはある)、
りそな銀行は融資の本申し込みに「建築請負契約書」が必要になること、
この2点がネックとなり、りそなは却下。
これから建築家へ設計を依頼するのに、見積書だけならまだしも、工務店との
建築請負契約書なんて出せるわけありませんから・・・
よって、一つ目の本審査申し込みは、みずほ銀行に決定。

第二の選択
中央ろうきんは、会社の労働組合が会員として銀行に出資していれば、
保証料などが抜群に好条件(都銀の保証料よりも安い)になります。
もちろん、自分の会社に労働組合がなくても、地元の生協会員になれば
(入会金500円)、住宅ローンを申し込むことはできます。
残念ながら私の会社には労働組合が存在していなたいめ、近くのコープに
行って、会員になってきました。
ただ、コープ会員というだけでは、労働組合員と同じ優遇を受ける事が
できませんので、仮審査の結果、都銀と比べて保証料が数十万円も
高くなってしまいました。保証料の高さに相当悩んだものの、
都銀のように毎月の金利が頻繁に変わらないこと(これは結構重要です)、
変動だけでなく10年固定などの金利がネット系銀行よりも低いことなど、
「借りた後」のメリットを考え、こちらも本審査行き決定。

結論から言うと、みずほ、ろうきん共に本審査にも合格!

両行とも希望どおりの融資額でOKを出してくれたのですが、
土地決済時、家の完成時の合計2回に分けて融資を受けるにあたり、
その融資割合に違いがありました。
みずほは我々の希望どおりの分割(約4:1)でOKだったのですが、
ろうきんの方は規定があって希望どおりの割合ではありませんでした(約3:2)。


この割合が違うと、必要となる中間金に違いが出る=自己資金に影響が出るため、慎重にシミュレーションを重ねましたが、最終的には夫婦の統一見解として、「借りた後」のメリットを考え「ろうきん」に決定しました。

そして、既に以前の日記で書いてある通り、本契約、融資実行を経て、
今月末から支払いが開始します。
35年ローンなんて、気が遠くなる話しですが、繰り上げ返済を活用しながら、
目標としては20〜25年で完済するつもりです。
楽しみながらとまではいきませんが、いかに効率よく無駄無く早く返せるかを
考えながらローンを返済するのも住宅建築の醍醐味かもしれませんね。
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-02-10 22:39 | お金

30代夫婦の建築家との家づくり+地元民の鎌倉日記。2011年夏竣工!新生活、お家の暮らし心地は新ブログ "today is beautiful." (↓リンクは下部)にて綴っています。


by ringo-kamakura

プロフィールを見る

新ブログではお家の実際の暮らし心地を綴っています。
 "today is beautiful."
================
< wish list >
北欧生まれのお皿や布...大好きです。



日本のあれこれも...大好きです。


カテゴリ

全体
リビング
キッチン
和室
バス・トイレ
玄関・デッキ
収納
土地
お金
日々のこと・鎌倉ばなし
建築家
住宅全般
インテリア・デザイン・アート


音楽
工事現場
未分類

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル