カテゴリ:音楽( 7 )

Ivan Lins canta 『上を向いて歩こう』!

中原仁さんのブログで知り、びっくりしました。

ブラジルのミュージシャン、Ivan Linsが日本語で『上を向いて歩こう』を
歌って日本へ贈ってくれました。最後にはメッセージも。
日本語を話さない人が歌っているとは思えません...
※画面が止まってる様子が一瞬ぎょっとしますが変わりますのでご安心を... 直し方がわからず、すみません ><


イヴァン・リンス、英語で歌うことも多くあるので、特にジャズを聞く方は
ご存知かもしれません。
リオ出身の、まさに「メロディメーカー」といった感じのミュージシャン。
ringo妻は、少し昔の曲ですが"Somos todos iguais nesta noite"という曲が好きです。



2年程前、彼の来日時にBlueNoteのライブに行きました。
声がのびやかで、そしてそれが生きる曲ばかりで、素敵だったなあ。。
グラミー賞等もとっているのですが、"I'm a lucky guy !! hahahaha !!"と
話していたのが、曲のしっとり加減とアンバランスでおもしろかったのを覚えています。

心のこもった応援ソング、嬉しい。。
そして、やはり、『上を向いて歩こう』、この曲のあたたかさが好きです。

--------------------------------------------------------------------------
Obrigada, Ivan !!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by ringo-kamakura | 2011-03-27 16:05 | 音楽

楽しく忙しい週の前半:ホベルタ・サーの素晴らしいライブ

今週は、楽しく忙しいスケジュールな私たち。
月曜日には、楽しみにしていたホベルタ・サーとペドロ・ルイースのライブ
行ってきました。
リオからやってきてくれてありがとう〜
a0160166_1210094.jpg

ライブ、すばらしかった!!です。
会場もかなり盛り上がりました。
恵比寿リキッドルーム、ライブハウスの良さを皆で存分に楽しめた気がしました。

ホベルタちゃんはやはり歌がすごく上手で...澄んでいて美しい、そして
色もある声。
そして、かわいかった...、というか、「超美人」でした。
今まで見た事のある・知っているブラジル人女性第1位だと思います。

20才くらい年上?の旦那様、ペドロ・ルイースも想像以上に素敵でした。
やさしいまなざしと笑顔、ブラジル北東部の妖しさがひそんでいるような声。

今回のツアー限定で組まれた、この素敵夫婦のスペシャルユニットを
見ることができた私たち日本のオーディエンスは幸運だと思います。

ギター・アレンジ・プログラム...等々のホドリゴ・カンペーロも見られる!と
マニアックにワクワクしていましたが、実物も、音を本当に楽しんでいる職人!
という印象でした。
中原仁さんもブログで「控えめながら筋の通った完璧なサウンドセンス」と書いていらして、「ほらねほらね!」と勝手に喜んでいます^^
エルシオ・カファロのドラムもビシバシ効いていて、かっこよかった〜

アンコールの最後には、『Falsa Baiana(直訳すると..にせもののバイーア娘)』
というサンバの古典をアカペラで歌ってくれました。
ペドロ達は小さな打楽器を持ってホベルタを囲むという、とてもとてもシンプル
な構成にほっこりしました。フロアも合唱〜♪

この曲、歌詞もかわいらしくて大好きなのです。要約?するとこんな感じです。
  サンバの輪に入ってもステップを踏まず、歌いもしないのは
  にせもののバイーア娘
  本物のバイーア娘は、自由に輪に入って素敵に踊り、みんなをびっくり
  させるような娘。
  そして、「私はサンサルバドールの娘なんだから!」と瞳をくりくり
  させているような娘のことだよ...

こちらは、この曲を初めて録音したというRoberto Silvaとホベルタちゃんが
デュエットした時の映像。
この「歌いつがれ」も、ブラジル音楽の素晴らしいところだと思います。



--------------------------------------------------------------------------
月曜日の夜から遊び、仕事もなかなかに忙しく、水曜日の夜には
建築家さんと減額案の打合せ。
こちらについてはまた改めて書かせて頂きたいと思います☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-12-02 11:41 | 音楽

寒い冬、あたたか・やさしい小鳥のサンバを。

12月も間近。
寒さは苦手ですが、この季節、お家であたたかく、ゆっくりと過ごすのが好き。
春よりも夏よりも...お家で過ごすのが好きな季節かもしれません。

特に、こんな音楽を聞きつつ。
Periの、『samba passarinho(小鳥のサンバ)』です。


アルバムジャケットもかわいくて、時々飾ってみています。

最近はデータで音楽を購入できますが、やっぱりこういう「アルバム」は
ジャケットも含んだ空気感・世界観にも触れられるのが良いな〜と思います。

きれいな青のジャケットに鳥かごが...
a0160166_23413382.jpg

開くと、かわいい鳥さん。
a0160166_23414378.jpg

背面はこんな感じ。
a0160166_2341408.jpg

開くと、こちらにも鳥さん。
a0160166_23413687.jpg

ケース内側は、大きな、力強い空の写真。
a0160166_23414737.jpg

Periは余りメジャーなアーティストではありませんが、
やさしい歌声が好きです。癒し系?というのでしょうか。
このアルバムを聞いていると眠くなります。のーんびり。。
そんな過ごし方もたまには良いかもしれませんね。

--------------------------------------------------------------------------
ランキング参加中です☆
「記事見たよ〜」のポチッを頂けるとうれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-11-27 23:48 | 音楽

11月末のお楽しみ:ブラジル人女性シンガー ホベルタ・サー初来日!

ブラジルの若手女性シンガーのなかで、一、二を争う美人さん
(独断と偏見に基づく)。


大御所の1人Chico Buarque (シコ・ブアルキ)も、明らかにデレデレです。

そんなホベルタ・サー初来日
中原仁さんのブログで偶然このニュースを知り、びっくりしました。
美しく、澄んだ声でサンバを聞かせてくれるホベルタが生で見られるなんて。
こりゃー大変!ということで大急ぎでチケットを入手しました。

ホベルタ・サーを初めて知ったのは、ringo夫が購入したデビューアルバム
Braseiro(ブラゼイロ)です。

すっぴんかわいいホベルタちゃん...

が、数年後のセカンドアルバムQue Belo Estranho Dia Pra Se Ter Alegria(なんて奇妙で素敵な1日)
では、一転モードなメイクに。(夫はショックだった模様 )


今回の来日は、夫のペドロ・ルイースとの特別ユニットバージョンだとか。
わわー。超実力派のペドロも見られるなんて。贅沢です。

そして、ホベルタのライブDVDを見て「この人、相当カッコイイ」と思ったのが
プロデューサー・アレンジャー・プログラマー・ギタリスト等々...を担当している
ホドリゴ・カンペーロ。
一見普通のおじ様(↓動画で右端に登場)ですが... 
いろいろな楽器や奏法、リズムを駆使する、面白すごい人です。
彼も生で見られるなんて〜!

ライブDVDでも見られる、"Agora Sim"というサンバ。
小さく集まって演奏する様子もかわいらしく、好きです。


ホベルタの初来日ライブは、11月末のお楽しみ。
「楽しみに待つこと」があると、毎日の励みに、元気にしつつ過ごせます。
こういうことも、嬉しいですね。

ちなみにライブは平日夜。
仕事後に駆けつけるにも関わらずオールスタンディングだそうで...
体力もつけておかなくちゃー。

--------------------------------------------------------------------------
ホベルタちゃん かわいいわ〜のご賛同クリック頂けると嬉しいです☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-11-13 16:53 | 音楽

すごい1人ずつで、素晴らしい2人に:BANDA DOISと友人の結婚

大推薦ブラジル音楽DVDとして書かせてもらったジルベルト・ジルの
BANDA DOIS。
相変わらず、お気に入りです。
最近また自分の中でブームが起こり、再びヘビーローテーション中。

ジルベルト・ジルの歌・ギターと息子のベン・ジルのギターを中心にしたライブ。
豪華ゲストにも大興奮ですが、1番好きなパフォーマンスは
フィナーレの「Expresso2222」。
ベン・ジルは、タンバリンにそっくりなパンデイロという楽器を演奏します。


一言も発さず、謙虚な立ち位置でずーっと演奏していたベン・ジルが、
解放された感じで歌を口ずさみながら演奏しているライブ感に感動。
1人ずつとても素敵な父と息子の演奏にうっとり、うっとり。

ちなみにこのパンデイロという楽器、シンプルかつ奥深ーい楽器です。
私たち夫婦もmyパンデイロを車に積んであり、ドライブや渋滞時に練習しています。
外から見るととっても陽気な人達に見えるに違いない...


この曲とは関係ありませんが、明日ringo妻は友人の結婚パーティで
友人代表の手紙を披露!という役を仰せつかっております。

妻となる友人も、夫となる方もそれぞれパワフルな方達で、
すごい1人ずつが、素晴らしい2人になるのだなあ、と思い、祈っています。

きちんとお手紙読めるかなあ。ちょっぴりキンチョー(汗)です。

--------------------------------------------------------------------------
ランキング参加中応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-11-05 21:12 | 音楽

暮らしを豊かにしてくれる、大推薦ブラジル音楽DVDの話。

夜、ワインを飲みつつ音楽DVDを見ることが多い我々。

最近買ったジルベルト・ジルのDVD『BANDA DOIS』
(直訳すると「2人バンド」?)
きっと今年最高の音楽DVD!と、既に思うくらい素晴らしいです。

写真一番手前がそのDVD。
改めてみると、アルバムもいくつか持っていました。
どれも、ブラジル音楽現代史?上、とても大切な作品です。
Tropicalia 2(写真左上、カエターノとの共作。)
Tropicalia Ou Panis Et Cinsencis(写真右上、カエターノ達との共作。)
Louvacao (写真右下、ジルのデビューアルバム。すごい完成度に驚きます)
a0160166_16551312.jpg

熱烈なジルファンではないのですが、2年前の来日ライブはとても素敵で、
THE BOOMと共演した島唄も、空気全体が記憶に残っています。
ジルが会場に着いたところにばったり居あわせ、握手してもらった手は
「ぷにゅ」としてたなあ〜。

さて、この大推薦DVDは、67才のジルと、息子のベン・ジル2人の
パフォーマンスが中心です。
ギターと声に、時々パンデイロ(タンバリンのようなブラジルの楽器)が
入るだけの、静かで、とてもとても豊かで濃密な演奏。

立場的には、親の七光り!と言われてしまいそうなベン・ジルですが、
そんなことは一切不要の素晴らしいミュージシャン。
父ジルベルト・ジルの動きを感じようとまっすぐ見るきれいな目、
自分は一言も発しない黒子っぷりもナイスガイな印象です。


マリア・ヒタのゲスト出演も涙モノ。(関連過去記事
以前記事に書いたミルトン・ナシメント同様、ジルもマリア・ヒタの母エリス・
レジーナに自分の曲を採り上げられ、社会に送り出してもらった1人。
「エリスの歌った曲は歌わない」としてきたマリア・ヒタが、エリスの曲を歌う。
母娘2代のファンとしては、大事件。だって、絶対すてきに歌うはずなのです。
そして、その想像以上の素晴らしさ、ジル親子とのセッションにうっとり。。


アンコールではもう1人の息子くん、ジョゼも出演。
また新しい空気が生まれて...面白い。


この後、ラスト曲をジルベルト・ジルとベン・ジルが改めて2人で演奏する様子は
本当〜にかっこいい。
とーちゃんかっこいい!息子たちもかっこいいぞ!としびれつつ、
アンドレア・ブランジのgenetic talesを思い出したりしました。

お家時間、大げさに言うと人生も豊かにしてくれる。
音楽が好きな方ならば...ポルトガル語がわからなくても、ジルベルト・
ジルって誰?という方でも、とにかく見て〜、というくらいオススメ&
大好きです。

ジルの公式サイトは英語もあります。過去作品の試聴もできます。

--------------------------------------------------------------------------
一方的な大スイセンを最後までお読みくださって...本当にありがとうございます。
遊びにきたよ〜でぽちっとして頂けるととても嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-09-09 17:55 | 音楽

北欧のデザインとブラジルの音楽

大好きなブラジル人アーティストの誕生日を記念して、ブラジル音楽について
書いてみます。

北欧のデザインとブラジルの音楽。
遠い場所で生まれたものだけど、どちらも私たちの生活には必須なもの。
どちらにも、ひとくくりでは語れない豊かさがあることは理解しつつ...

  柔らかな心地よさ
  作り手の、もの作りに対する思い
       生まれたものを受け取る人たちへの思いの深さ
  風土を愛おしむ伝統
  歴史を学び大切にする姿勢
  過去を壊して、創っていこうとする勇気や勢い
 
好きな者のこじつけかもしれませんが、表現方法や様子は違っても、
我々が魅力を感じ、刺激を受け、日常を広げてもらっている力の根っこは
割と共通しているのではないかな、とも思うのです。

そんな風に考える我々が大好きなブラジル人アーティスト、Caetano Veloso
誕生日が8/7でした。
a0160166_18431896.jpg

1942年生まれ、今年68才。
ブラジル北東部の、アフリカ文化色濃いバイーア生まれ。
トロピカリアいうムーブメントの中心となり、軍政下で国外追放をうけましたが、
帰国後、まさに台風の目&司令塔としてブラジル音楽を引っ張ってきた人です。

「ブラジル音楽を聞いてみたい」という方に、まず最初にお貸しするのが
彼のLivroというアルバム。(リンク先で試聴ができます)

これってボサノバ?これってサンバ?という質問に答えられないため
とりあえず「ブラジルの音楽です」と聞いてもらっています。
ボサノバ、ロック、サンバ、生まれ故郷の土着のリズム、実験的な音楽...
全部がCaetanoの音楽になっています。
Caetanoの声と音楽がとにかく好きなのだけれど、歴史や社会、人間に関する
暗喩が重ねられた歌詞も、難解かつ刺激的です。

ライブDVDもよく見ます。リピートして見てしまうのはこちら↓。
Noites do Norteのライブで、"O Ultimo Romantico"(最後のロマンチスト:
Lulu Santos作)を歌う様子。
瞳のキラキラ加減に、しばしロマンチスト病にかかる。。

 ...人生が、皆と一緒に歩く道、そして自分独自の道であるように
 ...もしかしたら僕は大西洋沿岸で最後のロマンチストかもしれない
 ...冒険の無い人生なんて刑罰のようなもの
  心のままに生きていきたい
  それが狂っているというのなら、理性なんて無い方がましだ ... 



Caetanoが歌うサンバやボサノバ、ビートルズやマイケルジャクソンのカバーも
素敵。
そして60代になって出したアルバム"ce""zii e zie"は連続して「超ロック」路線。
未だ進化止まらずです。

Caetanoについて書き出すと長くなる...
頼まれもしないのにパワーポイント50ページ作っちゃいそうな好き度なのでした。
Happy Birthday, Caetano !!

実はCaetano、過去記事にも登場してまーす。

--------------------------------------------------------------------------
「北欧デザインと一緒に楽しむすてきなもの」に興味あり!
な方...ぽちっとお願いします☆

にほんブログ村 インテリアブログへにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
--------------------------------------------------------------------------
[PR]
by ringo-kamakura | 2010-08-08 19:41 | 音楽

30代夫婦の建築家との家づくり+地元民の鎌倉日記。2011年夏竣工!新生活、お家の暮らし心地は新ブログ "today is beautiful." (↓リンクは下部)にて綴っています。


by ringo-kamakura

プロフィールを見る

新ブログではお家の実際の暮らし心地を綴っています。
 "today is beautiful."
================
< wish list >
北欧生まれのお皿や布...大好きです。



日本のあれこれも...大好きです。


カテゴリ

全体
リビング
キッチン
和室
バス・トイレ
玄関・デッキ
収納
土地
お金
日々のこと・鎌倉ばなし
建築家
住宅全般
インテリア・デザイン・アート


音楽
工事現場
未分類

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人気ジャンル